人はなぜ学ぶのか?「花燃ゆ」より

2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」から「学ぶ」を考える。

「明治維新で活躍した志士を育てた吉田松陰(演:伊勢谷友介)。松陰が主宰した松下村塾には、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文ら多くの若者らが集い、松陰からの師事を受けていた。松陰の思想は、明治新政府に入閣した松下義塾生らによって引き継がれ、日本の近代化を支える支柱となっていった。」番組紹介ページより。

吉田松蔭の妹が主役ということで、どんな内容になるのか想像つかなかったのですが、
初回の放送での、寅次郎(松蔭)と伊之助の二人の「人はなぜ学ぶのか?」の演説。

幕末の時代、国を守るため、変えるために学んだ昔の人たち。
心が震え、大きな勇気を頂いたシーンをご紹介します。

IMG_2361

吉田松陰(演:伊勢谷友介)

今までの学問じゃ、もう日本国は守れん!本当にこん国の事を思う者は知っとる。

死に物狂いで学ばんにゃこん国は守れんと!

皆に問いたい。

人はなぜ学ぶのか?

私はこう考えます。

学ぶのは、知識を得るためでも、職を得るためでも、出世のためでもない。

人にものを教えるためでも、人から尊敬されるためでもない。

己のためじゃ。

己を磨くために人は学ぶんじゃ。

〜寅次郎の熱い想いに応えて、伊之助が声をあげる〜

小田村伊之助(演:大沢たかお) 

人はなぜ学ぶのか?

お役に就くためでも、与えられた役割を果たすためでもない。

かりそめの安泰に満足し、身の程をわきまえ、

この無知で、世間知らずで

何の役にも立たぬ己のまま生きるなどごめんです!

なぜ学ぶのか?

この世の中のために、己がすべきことを知るために学ぶのです!

これまで「学ぶ」ことを、与えられたものを解答する、
テストの点数を上げる、学校に入るための学ぶ、と捉え生きてきた人も多いと思います。
ただ、大人になった今こそ、「己のために学ぶ」ことができるのではないでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中